交通事故の被害者になってしまったら

交通事故のときに最低限やらなければいけないことは、被害者も加害者も一緒です。
ときには被害者より加害者のほうが重傷を負うこともあります。
まずは「負傷者の救護」を最優先に考えましょう。

車を交通の妨げにならない場所に移動させるときには、どの位置で事故があったのかを確かめておいてください。できれば事故の現場に居合わせた人にお願いして、目撃者として実況見分のときに証言してもらいましょう。

次に、加害者の氏名・住所・電話番号といった連絡先と、加害者が契約している自賠責保険の会社名を聞いておきます。念のため加害者の車のナンバープレートも確認して、車両登録番号も控えておいてください。場合によっては嘘をつかれることもあるかもしれません。できれば運転免許証や車検証を見せてもらい、聞いた内容と違いがないか確認して、疑問があったらなるべくその場で聞いておくようにしましょう。

警察官の実況見分のときに目撃者になってくれた人がいたら、こちらも氏名や連絡先を聞いておきましょう。
後で加害者と争いになった場合には、改めて目撃証言をお願いすることもあるからです。

また、裁判などになったときのために、余裕があったら現場の写真を撮っておくようにしてください。路面に残ったタイヤの跡、ガラスなどの散乱物、事故を起こした車の状態など、さまざまな角度からできるだけたくさん撮っておくことが大切です。

実況見分が済んだら、なるべく早く病院に行ってください。事故に遭ったときには、誰でも興奮状態になっているもの。その時は興奮していて痛みに気づかなかったけれど、実は骨折していた、後で脱臼が判ったというのも珍しい話ではありません。意外に重傷を負っていることもあるので、まずは病院に行ってレントゲンやMRIなどの検査を受けましょう。

また、交通事故でよく起こるむち打ちは、事故から数日経ってから症状が出てくることもあります。
交通事故の現場では「治療費は請求しない」と言ったり、念書を書いたりするのは、絶対にやめてください。とにかく時間を置いて、冷静になってからじっくり対応することが大切です。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす