むち打ちの代表的な症状

むち打ちは、交通事故の衝撃によって首などが大きく曲げられて、筋肉や靱帯が傷ついてしまうことから起こります。ただ、筋肉や靱帯などの傷はレントゲン写真やMRI画像などには写らないため、西洋医学では原因を特定することができません。でも、患者さん自身は「頭痛がする」「肩が重い・痛い」「耳鳴りがする」といった症状を訴えてきます。

大きな衝撃を受けた後に起こる原因不明の頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・眠気・吐き気・手足のしびれといった「不定愁訴」の症状をまとめて、西洋医学では「むち打ち症」という言葉で呼んでいます。極端なことをいってしまうと、「○○と××と△△があったらむちうち症で、※※と**はむち打ち症ではありません」というように、はっきり断定できないのがむち打ち症なのです。

そうはいっても、むち打ち症とされた患者さんの多くが訴える症状もあります。
交通事故の後にこんな症状が起こったら、むち打ち症かもしれません。
なるべく早く病院や整骨院にかかって、適切な治療を受けるようにしましょう。

(1)肩こり・首や肩の痛み

首を曲げたり回したりすると痛い。動かさなくてもずっと重いような痛みがある。
肩や首が動かせない。普段はなんともないのに集中して作業をすると首や肩が痛み出す。これらは、むち打ちの70~80%を占めると言われている頸椎捻挫の症状です。
むち打ち症のなかでは軽傷に入りますが、だからこそ気が付きにくく、治療を始めるのが遅くなりがちです。

(2)めまい

座っているのに世界がグルグル回っているような気がする。立っているとき、歩いているときに地面がフワフワと安定しないような気がする。動いた瞬間にクラリと意識が遠くなる。これらはむち打ち症のひとつで、首を通っている交感神経がダメージを受けたときに起きるバレ・リュー症候群の可能性があります。

(3)耳鳴り

耳の奥で「ザー」「ジー」といった音がずっと鳴っているような気がする。
心臓が脈打つようなリズムで、継続的に音がする。ふとしたときに「キーン」という音が聞こえるような気がする。これらもバレ・リュー症候群の可能性があります。また、交通事故などの衝撃を受けたショックで、耳の奥の筋肉がずっと緊張したままの状態になってしまったときにも起こります。耳鳴りは症状にかなり個人差があるので一概にはいえませんが、耳に違和感を感じたら早めに診察を受けましょう。

(4)頭痛

ずっと頭が重い。疲れたときに頭が痛む。雨や曇天などの気候や気圧の変動にあわせて頭が痛む。頭の片側だけが脈拍に合わせて痛む。
頭痛にもさまざまなパターンがありますが、むち打ちでは非常によく見られる症状です。
頸椎捻挫でも、バレ・リュー症候群でも、神経根症状でも、頭痛は起こる可能性があります。

むち打ちではこんな症状も起こります

交通事故のときに衝撃を受けやすい首には、脳と体をつなぐたくさんの神経が通っています。
首の骨がかすかにずれているだけでも、神経が圧迫されたり、傷ついたりして、さまざまな症状が起こってしまうのです。
少しでも体の不調を感じたら、早めに診断や治療を受けるようにしましょう。

(1)目が疲れる

交通事故の衝撃で、脳内を流れる血液量に変化が現れることがあります。
首や肩の痛みといったむち打ちの代表的な症状はないのに、目の疲れ、かすみ目などが起こることがあります。

(2)声がかすれる

事故の衝撃で、脳底を走っている動脈の血行が悪くなることによって起きる症状です。声がかすれるまではいかなくても、声を出すときに違和感があったり、喉がいがらっぽく感じることがあります。

(3)顔が痛い・表情が動かしにくい

頸椎の神経が圧迫されたり、脳の血行が悪くなったりしたときに起こる症状です。
顔面に痛みがある以外に、顔にベールが被さっているような気がする、しゃべったり笑ったりするときに違和感がある、といった形で現れてくることもあります。

(4)記憶力の低下

同じく脳底動脈や脳幹部の血行が悪くなることで、起きる症状です。
また、注意力が散漫になったり、集中しようとしてもできなくなることもあります。

(5)食欲不振・消化不良

頸椎の神経が圧迫されたり、脳の血行が悪くなったりしたときに起こる症状です。
お腹が空いているはずなのに食欲が出ない、胃のあたりがムカムカする、食べた後に胃がもたれる、吐き気がするなどの胃腸の障害が、むち打ちで起こることもあるのです。

(6)手足がしびれる

神経根に傷がつくと、手足がだるい、手足がしびれるといった症状が起こることがあります。手足のすべてに症状が起こるのではなく、右手だけ、左足だけといった感じに、一部だけがしびれたり、動かしにくくなることもあります。脊髄症状型になると、しびれなどの違和感だけでなく、歩行障害にまで至ることも。治療には時間のかかることも多いので、なるべく早く診断を受けて適切な治療をしてください。

(7)頻尿・便秘など

むち打ちのなかでも脊髄症状型は、内臓に障害が出てくることもあります。
さっきトイレに行ったはずなのに、すぐにまた行きたくなる頻尿。トイレに行っても尿が出にくい排尿困難。笑ったりお腹に力を入れたりすると、尿が漏れてしまう尿失禁。悪いものを食べたわけでもないのに下痢をしてしまう。便秘で何日も排便がない。
むち打ちでは、そんな泌尿器や大腸の障害も起こることがあります。

症状が良くなっても安心しないこと

むち打ちは、目に見えないからこそ、完全に良くなったかどうかの診断が難しいともいえます。

治療を受けているうちに、一時的に体のバランスが良くなって、症状が和らぐことがあります。
でも、またちょっとしたショックで悪化してしまったり、気候や着ている服などの影響で体調が良くなったり悪くなったりすることもあります。これは「治療方法が間違っていた」とか「先生の腕が悪い」といった問題ではありません。筋肉や靱帯、神経の損傷は一進一退で、薄皮を剥ぐように治っていくものなのです。

むち打ちの治療を受ける際には、「良くなったからもう通院しなくていい」というような自分勝手な判断は禁物です。
また、整骨院では天候などの外部からの影響をなるべく少なくできるように、普段の生活指導なども行っています。むち打ちは完全に治すことが難しい病気ですが、きちんと治療を受けて、ちょっとした行動にも注意を払うことで、体をできるだけ元の状態に近づけて痛みや不快感のない生活ができるようになるのです。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす