むち打ち症の治療法

まず初期治療として大切なのは、安静にすることと、患部を冷やすこと。
指などを切ったり擦りむいたりしたときのことを考えれば解ると思いますが、傷も塞がらないうちに患部に触ると、傷は悪化してしまいます。炎症を起こしているときは患部が熱をもっていますから、冷やすとそれだけ早く炎症が治まります。シップ薬には炎症を抑える成分が入っていますが、実際に患部を冷やしているわけではありません。
氷や保冷剤を使って、きちんと冷やすようにしましょう。

炎症が治まったら、本格的な治療に入ります。初期に首を安静にしていたことで、筋肉や靱帯の損傷は回復しますが、代わりに柔軟性が失われてしまったり、自由に動かなくなったりするのです。それを元通りにするために、温熱療法やマッサージなどを行います。
さらに整骨院では、患者さんの体質や症状に合わせた全身治療を行います。
むち打ちで衝撃を受けたのは首だからといって、首だけを治療すればいいのではありません。
人間の体は全部つながっています。傷を受ければ患部をかばおうとして、ほかの部分の筋肉や靱帯に負担がかかってくるのです。骨格にゆがみが出てくることもあるので、全身のバランスを見ながら治療を進めていかなければなりません。だからこそ、患者さんひとりひとりに合わせた丁寧な治療が必要になるのです。

頸椎捻挫型以外のむち打ちでは、病院で手術を受けるという治療法もあります。
ただ、手術にはリスクがつきもの。特に神経に関わる手術は細かい作業になるので、リスクも高くなります。症状が軽度の場合は、リスクを考えて手術を薦めない医師も多いはず。
薬を処方してもらうか、接骨院での施術で全身のバランスを整えて、症状を軽減していくという治療が中心になります。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす