むち打ち症の症状と分類

便宜上、頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・眠気・吐き気・手足のしびれといった症状を、全部まとめて「むち打ち」と呼んでいますが、細かく見ていくと大きく5つのタイプに分類できます。

(1)頸椎捻挫型

頸椎は首の骨のこと。人間の頭部は成人で3~4キログラムあるといわれています。
人間は細い頸椎だけで、この重い荷物を支えているのです。交通事故のときは衝撃で頭が振り回されるので、支えている頸椎が大きく曲げられ、周囲の筋肉や靱帯、軟骨が傷ついてしまいます。これが頸椎捻挫です。
むち打ちの70~80%は、この頸椎捻挫型だといわれています。

むち打ちでは軽傷のほうに入りますが、だからといって舐めてかかってはいけません。頸椎への衝撃がひどいときは、筋肉や靱帯だけのダメージに留まらず、血管や神経が傷ついてしまうこともあるのです。そこまでいくと治療にも長期間かかりますが、残念ながらレントゲン写真やCT映像では傷を確認することができません。だからこそ怖いタイプともいえます。

(2)神経根症状型

頸椎の中には、脳と体を結ぶ神経が通っています。交通事故の衝撃で頸椎が変形してしまい、神経の通り道が狭くなってしまったのが神経根症状型です。神経がつねに刺激を受け続けるため、あちこちの痛みや手足のしびれといった症状がずっと続きます。

どの神経が刺激を受けているかによって、出てくる症状が違うのも特徴のひとつ。知覚神経が刺激を受けると、鈍いような痛みが続き、時折鋭い痛みに悩まされたりします。手足のしびれは、運動神経が刺激を受けている状態です。

神経根症状型は、レントゲン写真やCT映像では見つかりにくいタイプですが、神経専門の検査でとらえることができます。

(3)バレ・リュー症候群型(頚部交感神経刺激症状型)

頸椎を通っている神経のひとつに、交感神経があります。交感神経とは自律神経のひとつで、人間が激しく活動するときに必要になります。

この交感神経がダメージを受けると、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気といった症状が現れます。ほとんどの場合、頸椎捻挫と同時に起こるので診断がつきますが、バレ・リュー症候群の症状しか出ないと、なかなか診断がつかないことがあります。バレ・リュー症候群では、かすみ目・疲れ目といった目の症状、耳鳴り・難聴といった耳の症状、喉の詰まりや飲み込みにくさといった喉の症状が出ることがありますが、眼科や耳鼻科では総合的な診断が難しいからです。

交通事故をきっかけにそういう症状が起きたときには、神経の専門家に見てもらったほうがいいでしょう。

(4)脊髄症状型

頸椎の中には脊髄という部分があり、ここをたくさんの神経が通っています。この脊髄がダメージを受けると、下半身や内臓などに異常が起こることがあります。脊髄症状型では、脚がつねにしびれているような状態になることが多いですが、内臓に影響が現れた場合は、下痢や便秘、頻尿といった症状を感じることも。内臓に症状が出るのはごくまれなケースですが、絶対に起こらないとはいえません。

(5)脳脊髄液減少症型

ごく最近に発見されたタイプで、まだほとんど研究が進んでいません。中には本当にこんなタイプが存在するのか疑わしいと思っている医師もいます。

人間の脳は、脊髄液という無色透明な液体の中に浮かんでいます。液体の中に浮かんでいることで、脳は衝撃から守られ、正常に働くことができるのです。交通事故の衝撃で脊髄液が漏れだしてしまうと、脳は最適な位置に浮かんでいられなくなり、正常に働けなくなります。これが脳脊髄液減少症型です。

脳脊髄液減少症型で起こる症状は、ざっと上げただけでも頭痛・めまい・視力低下・耳鳴り・難聴・肩こり・筋肉痛・腰痛・手足のしびれ・記憶障害・思考力低下・倦怠感・睡眠障害・免疫異常など、多種多様でバラエティに富んでいます。

軽度なら、積極的に水分を摂って安静にしていれば治るともいわれていますが、まだ治療法についても確立されていません。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす