整骨院って一体どんなところ?

整骨院を開業できるのは、国家試験に合格した柔道整復師だけです。

柔道整復術では、武道の柔術に伝わる「活法」を基に、東西の医学技術を取り入れた施術を行います。
厚生労働大臣から認可された専門学校や大学で医学の基礎や整復技術、施術に関係する法律などを学び、卒業後に国家試験に合格して免許をもらわなければ、柔道整復師になることはできませんし、患者さんに治療を行うこともできません。
つまり、国家が認めたエキスパートなのです。

最近では、首から肩にかけての筋肉の緊張を緩和させるリハビリテーションを行っている整形外科も多くなりました。

ただ、街中を見回してみると「整骨院」「接骨院」「整体」など、さまざまな看板を掲げた施術院があって、予備知識がないと混乱してしまうかもしれません。

「整骨院」と「接骨院」は、どちらも柔道整復師が開業している施設で、中身はまったく一緒です。整骨だと整形に似ているので混乱しやすいという理由から、「接骨院」が正式名称とされていますが、イメージが柔らかくて整体やマッサージなど親しみのある施設を連想させることから、「整骨院」という名称を使っているところも数多く見られます。

でも、「整骨」と「整体」は実はまったくの別物
簡単にいうと、接骨院・整骨院は国家に認められた治療施設ですが、整体はエステティックなどと一緒で誰でも自由に開業することができるのです。

接骨院・整骨院は、国家資格をもつ柔道整復師しか開業することができません。
投薬や手術をせず、正しい知識に基づいた伝統的な方法で、骨折、脱臼、ねんざ、打撲、肩こりといった症状を治療していく場所です。治療施設なので、当然のことながら施術には健康保険が利用できます。
健康保険には国民健康保険・社会保険・労災保険・老人医療保険などさまざまな種類がありますが、接骨院・整骨院ではそのすべてを取り扱っています。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす