交通事故から受診までの流れ

瞬間的に外から大きな力が加われば、体に不調が起こるのは当然のことです。事故の直後は緊張や焦りもあって、痛みや不調に気がつかないこともあります。
自分ではなんともないと思っていても、事故に遭ったときにはなるべく早く病院に行って検査を受けることが大切です。

軽度のむちうち症の場合、事故の翌日、あるいは1週間ほど経ってから首や肩が痛くなってくるという場合もあります。また、事故直後に病院で検査を受けたときには「異常なし」といわれたのに、首や肩の痛みや重苦しさといった不調を感じるというのも、むちうち症の特徴のひとつ。そういう痛みや不調の治療を専門に行っているのが整骨院です。
あまり事故から時間が経ってしまうと、警察や保険会社に「交通事故によるケガ」「交通事故の後遺症」と認めてもらえないこともあるので、痛みや違和感があったらすぐに整骨院を受診してください。

整骨院ではどんな治療をするの?

整骨院では、基本的にじっくりと時間をかけて治療します。
ほとんどの整骨院では、まず受付のときに「どんな症状があるのか」「思い当たる原因はあるのか」「ふだんどんな生活を送っているのか」「今まで大きな病気やケガをしたことがあるのか」といったことを聞かれます。整骨院は、ケガや痛みのある部分だけを治療するのではなく、全身のバランスを整えることで痛みや不快感をなくしていく治療を行っています。
聞かれるのはそのために必要なことなので、自分が解る範囲でいいので面倒がらずに答えてください。

問診の後は、実際に治療にあたる柔道整復師の先生の触診を受けます。

そしていよいよ実際の治療に入るわけですが、どうやって治療するか、どんな施術が中心になるかは、患者さんによってまったく違います。同じ肩の痛みを訴える患者さんでも、年齢、性別、普段の生活習慣などはひとりひとり異なるので、同じ施術をしても効果が上がる人と上がらない人が出てきてしまうのです。

基本的には、痛みが激しい状態のときは少しずつでも痛みを減らす方向で、症状が良くなってきたら体の根本に及ぶような施術で、体全体ができるだけ本来の状態に近くなるようにしていきます。整骨院ではつねに患者さんの状態を見ながら施術をするので、体がどう変化しているのか、効果がどのくらい上がっているのかがすぐ解ります。そして体の変化に合わせて、一番効果的な施術を行っていくので、毎回同じ施術内容になるとは限りません。

大切なのは、治療にあたってくれる柔道整復師の説明をきちんと聞いて、疑問があったら遠慮なくたずねること。
注意があればしっかりを守って、少しでも早く体が元の状態に戻るようにしましょう。

どれくらいの期間通院するのか

まず知っておかなければいけないのは、むちうちの痛みや不快感はそう簡単に治るものではない、ということ。

治療期間は人によって違いますが、普通は3ヶ月から半年程度はかかります。また、半年通っても完全に元には戻らなかったり、痛みがある状態が慢性化してしまう人も珍しくありません。

治療を始めてからしばらく経つと、保険会社から「もうそろそろ治療を中止しませんか」と提案されたり、場合によっては「そんな軽症のむちうちで、こんなに治療が長びくはずがない」と疑われたりすることすらあります。
なぜなら、保険会社としてはなるべく治療費を安く抑えたいから。
でも、それはあくまで保険会社側の都合なので、まだ痛みや不快感が残っているのに通院を止めることはありません。患者さんが「まだ痛みがある」といえば、保険会社が強制的に通院を止めさせることはできないのです。

ただ、交通事故のむちうち治療を専門にしている整骨院でも、すべての患者さんを完全に元の体の状態に戻すことはできません。症状が残ってしまう患者さんは、人によっても違いますが大体半年くらいで、治療を受けてもほとんど回復が見込めない状態になります。
これを「症状固定」といいます。

つまり、交通事故から時間が経って「症状固定」の状態になるまでに、どのくらい体が回復するかがカギ。そのためにも、なるべくマメに整骨院に通い、先生から聞いた日常生活での注意点を守ることが大切です。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす