交通事故の加害者になってしまったら

もし交通事故の加害者になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

交通事故の加害者になってしまったとき、最低限しなければいけないのは、「負傷者の救護」「危険防止」「警察への通報」の3つです。
では、実際にどんなことをすればいいのでしょうか。

(1)負傷者の救護

事故によってケガをしてしまった人がいるときは、なによりもまず最初に救護をしなければなりません。ケガ人の意識がない、意識があってもひとりでは動けないといったケースでは、ケガ人を安全な場所に避難させなければなりません。あなたひとりでの救助が難しいときは、周囲の人に声をかけて手伝ってもらってください。

ただし、頭を打っていたり重傷だったりしたときには、動かすとケガが悪化する恐れがあるので、よほど危険な場所でない限りむやみに動かさないようにします。

ケガ人を安全な場所まで運び、なるべく負担の少ない姿勢をとらせたら、すぐに救急車を呼びましょう。「負傷者の救助」は、法律では事故を起こした人の義務になっているので、もし怠ってしまったときは道路交通法の「救護義務違反」や「保護責任遺棄罪」に問われることがあります。

ときには心臓マッサージや止血が必要な場合もありますが、知識のない人が行うと、ケガ人を助けるつもりが反対にもっと危険な状態に陥らせてしまうことがあります。いざというときのために、ふだんから救命講習を受けるといった準備をしておくのもいいですね。

(2)危険防止

交通事故を起こしてしまったときは、警察官による実況見分が終わるまで、原則として事故現場をそのまま保存しておかなければなりません。ただ、交通量の多い場所で事故を起こしてしまったときは、現場をそのままにしておくと新たな事故のきっかけになりかねません。

車が動かせる状態ならば、路肩や空き地など、なるべく交通の妨げにならない場所まで移動させましょう。路肩に移動させたときや車が壊れてしまって動かせないときには、車の手前に非常停止板を置いたり、発煙筒を焚いたりして、周囲の車に停止車両があることを知らせるようにします。

事故現場から車を移動させるときには、どの位置で事故があったのかを確かめておくことも大切です。後に争いの原因になることもあるので、被害者や目撃者に確認をとって、車のあった位置をはっきりと把握しておきましょう。

(3)警察への通報

道路交通法では、事故を起こした加害者が警察に届け出るよう定められています。まずは110番に電話をかけて、交通事故であることと事故が起こった場所を伝えましょう。

警官が現場に到着したら、交通事故が起こった日時、場所、ケガ人がいるのか、ケガ人がいたらどの程度のケガなのか、物損はどのくらいなのか、事故が起きてからどんな措置を行ったのか、などを報告します。事故を起こした車がトラックやトレーラーなどの場合は、積み荷によって危険の度合いが変わることがあるので、積み荷の内容も報告したほうがいいでしょう。

警察官は加害者からの報告を聞いたり、現場を見たりして、実況見分を行います。これは、どんな事故なのかを正確に把握するために行われるものです。もし裁判になったりしたときには実況見分の結果が重要になってくるので、加害者もできるだけ協力したほうがいいでしょう。

もし余裕があったら、警察官が到着する前にカメラで現場の写真を撮っておいてください。路面に残ったタイヤの跡、ガラスなどの散乱物、事故を起こした車の状態など、さまざまな角度からたくさん撮っておきましょう。

以上の最低限やらなければ3ポイントは、法律で義務づけられていることです。しかし、
ほかにも加害者がしなければいけないことがあります。それは保険会社への届け出です。

まず、被害者の氏名、住所、電話番号といった連絡先を確認します。そして、あなたが
契約している自動車保険会社に連絡してください。被害者に対する補償は保険会社から
行われるので、被害者の連絡先も保険会社に伝えます。

また、被害者にあなたの氏名や住所、電話番号といった連絡先を忘れずに伝えておくこと。
事故の補償についての交渉は保険会社がやってくれますが、あなた自身もできるだけ
誠意ある態度をとるように心がけましょう。相手に不快な思いをさせてしまうと、後の示談や
裁判などで不利になることがあります。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす