交通事故後の治療について

交通事故に遭ったときには、まず病院に行ってきちんと検査を受けましょう。
ただ、病院で「異常なし」と診断されても、実際には首や肩の痛み、頭痛といった症状を感じることがあります。これが軽度の交通事故に多く見られる「むち打ち症」です。

痛みをがまんしていると、症状がどんどんひどくなって、ついには慢性化してしまうことも。
ただ、病院の検査では異常がみつからないため、根本的な治療ができません。
痛みに対して湿布や鎮痛剤を処方するといった、対症療法が中心になってしまうのです。

そういう痛みや違和感などの治療を専門に行っているのが整骨院です。整骨院を訪れる患者さんのなかには、むち打ちなど交通事故の後遺症で通っている人がたくさんいます。
整骨院は病院と同じく国に認められた診療機関なので、交通事故の自賠責保険も使えますし、病院からの転院、あるいは整骨院から病院への転院もできます。

事故が原因となっている通院ならば、治療にかかる費用はすべて保険会社から支払われます。
また、事故をきっかけに慢性的な症状に悩まされるようになると、後遺障害として認定され、保険会社が規定する慰謝料が支払われることもあります。

まずは、骨折などの目に見えるケガがないか、病院で検査を受ける。そして病院で異常なしとされても、痛みが残る場合は整骨院で治療を受ける。交通事故のダメージをできるだけ体に残さないために、病院と整骨院をうまく利用しましょう。

むち打ち治療を行っている整骨院・接骨院をさがす